文字サイズ標準大
お電話でのお問い合わせは052-459-0355
受付時間[月~金曜日 8:45~17:15]
  1. ホーム
  2. 採用情報

採用情報

採用情報

平成30年4月採用予定募集要項(技術系)職務経験者 試験区分A-1

雇用形態 正社員
採用予定者数 5名程度
採用日 平成30年4月1日(採用後6か月の試用期間があります。)
仕事の内容 主に下水道施設の電気・機械設備に関する維持管理及び運転管理業務
受験資格 次の1~4のすべてに該当する人

1.平成30年4月1日現在における年齢が59歳未満の人
2.高等学校以上を卒業した人
3.電気設備・機械設備・プラント設備の設計・工事・維持管理の業務に従事した職務経験を有する人
※「職務経験」とは、会社員、自営業者等として常勤で1年以上継続して就業した期間をいいます。また、「常勤」とは、フルタイムの正社員又は1週間あたりの勤務時間が35時間以上で就業していることをいいます。

4.次の資格を一つ以上所持している人
  ・電気工事士(第一種・第二種)
  ・電気工事施工管理技士(1級・2級)
  ・電気主任技術者(第一種・第二種・第三種)
  ・ボイラー技士(一級・二級)
  ・冷凍機械責任者(第一種・第二種・第三種)
  ・危険物取扱者(甲種・乙種第4類)
  ・消防設備士(甲種・乙種)
  ・第3種下水道技術検定
  ・下水道処理施設管理技士
  ・ガス溶接作業主任者
  ・エネルギー管理士(熱・電気)
  ・技術士 上下水道部門(下水道)

※普通自動車運転免許は必須です。
申込方法 受験申込書(顔写真貼付)に必要事項を記入のうえ、申込期間内に総務課担当まで郵送または持参ください。
申込期間 平成29年11月27日(月)から平成29年12月28日(木)まで
選考方法 1.第一次試験(平成30年1月13日(土)に実施)
  ・適性検査
  
2.第二次試験
  ・面接試験第1回(平成30年1月下旬に実施予定)
  ・面接試験第2回(平成30年2月上旬に実施予定)
勤務場所 主に名古屋市内の下水道施設
勤務時間 1.下水道施設の電気・機械設備の維持管理業務の場合
  8時45分から17時15分(休憩45分)までの週38時間45分

2.下水道施設の運転管理業務(交替制勤務)の場合
  1か月単位の変形労働時間制(週平均38時間45分以内)
   ① 昼勤8時45分から17時15分(休憩45分)
   ② 夜勤16時45分から翌9時15分(休憩60分)

※1、2ともに勤務場所により始業時間・終業時間が異なる場合があります。
休日 1.下水道施設の電気・機械設備の維持管理業務の場合
 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

2.下水道施設の運転管理業務(交替制勤務)の場合
 変形休日制により下水道施設の電気・機械設備の維持管理業務の年間休日数と同日数を指定して付与します。
休暇 年次有給休暇、特別休暇、夏期休暇
給与 1.初任給
最終学歴、採用時の年齢及び職務経験年数に基づき、一定の方法で加算措置があります。

※ 初任給例
        
 高等学校卒業の場合
 採用時の年齢  職務経験年数  初任給
 30歳 5年  約196,300円 
 35歳  10年  約223,400円
 40歳  15年  約255,000円

 高等専門学校卒業の場合
 採用時の年齢  職務経験年数  初任給
 30歳 5年  約203,600円 
 35歳  10年  約229,100円
 40歳  15年  約260,800円

 大学卒業の場合
 採用時の年齢  職務経験年数  初任給
 30歳 5年  約210,600円 
 35歳  10年  約234,900円
 40歳  15年  約266,500円

2.諸手当:通勤手当、家族手当、住宅手当、作業手当などそれぞれの条件に応じて支給します。

3.賞与:(年2回)

※ 初任給、諸手当の内容は、平成29年11月1日時点のものであり、採用前に改定があった場合には、その定めるところによります。               
社会保険
福利厚生
1.健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の社会保険完備
2.福利厚生制度(名古屋市中小企業共済会加入)
3.資格取得支援制度
4.制服貸与
問い合わせ及び申込先 〒453-0016 名古屋市中村区竹橋町35番22号
名古屋上下水道総合サービス株式会社 総務部総務課
担当:高橋・邉田
電話(直通)052-459-0355
個人情報の取扱い  採用試験案内の個人情報の取扱いを熟読のうえ、その記載事項に同意される場合は、受験申込書を提出してください。
  • 採用情報
  • イベント情報
  • よくあるご質問
  • 委任検針員募集
  • 貯水槽水道検査申込
  • 宝神リサイクルセンターの概要及び利用案内
  • 鳴海改良土センターの概要及び利用案内

このページのトップへ